伊藤忠紙パルプ株式会社 伊藤忠紙パルプ株式会社

COMPANY

MESSAGE

よりよい明日へ 挑戦と革新夢と誇りをもって

伊藤忠紙パルプ株式会社は、1972年に伊藤忠商事株式会社の紙パルプ部から紙の国内販売を譲り受け、設立された会社です。現在は伊藤忠グループの生活資材分野における中核事業会社の一社として、グループの総合力とグローバルネットワークを活用し、紙・紙製品に留まらず様々な製品・サービスを国内外のお客様に提供しております。

「紙」という素材は、生活・文化を支える情報伝達媒体として、また産業を支える包装資材として、生活に古くから密着し様々な用途で利用されています。私どもは、このように日常生活に不可欠な「紙」をコア商材とし、「お客様起点のグローバルなビジネス構築機能」という持ち味を活かして、「アジアにも軸足をおくユニークで高効率な企業」となることをめざしております。

また私どもはコンプライアンスに対する高い意識を持ち、地球環境への配慮と積極的なCSR活動を通じて、社会に貢献する企業として成長してまいります。そして、「よりよい明日へ、ー挑戦と革新ー夢と誇りをもって」という企業理念のもと、ステークホルダーの皆様に信頼される企業であり続けたいと願っております。

代表取締役社長押谷 賢一