伊藤忠紙パルプ株式会社 伊藤忠紙パルプ株式会社

CSR

DIVERSITY

子育て支援に積極的な企業として「次世代認定マーク」を取得

当社は、次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員の仕事と子育ての両立支援に積極的に取り組んでいる「子育てサポート企業」として、
厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を継続的に取得しております。

従業員一人ひとりが最大限に持てる力を発揮するために働きやすい職場環境づくりに積極的に取り組んでおります。

一般事業主行動計画

仕事と家庭の両立支援を目的として、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、社員がその能力を十分に発揮し、意欲を持って働き続けることができるよう、次のように第五期行動計画を策定する。

計画期間 2018年4月1日から2020年3月31日までの2年間
<内容>
目標1 事務職の職務領域拡大のため、事務職掌に新たにリーダー職を新設し、継続運用していく。
任命されたリーダー職、また次期リーダー職候補となる方には女性リーダー育成プログラム研修を
受講してもらう。
対策
2018年4月~
事務職掌リーダー職の任命
2018年7月~
事務職掌リーダー職に対して女性リーダー研修を実施
2018年9月~
次期リーダー職候補となる階層に対して女性リーダー研修を実施
目標2 年次有給休暇の計画付与制度について、必須取得としている日数を3日から5日へと変更検討を行う。
対策
2018年4月~
過去の計画付与制度による有給休暇取得実績の分析
2018年6月~
計画付与制度による必須取得日数を5日へと変更検討を行う。
目標3 計画期間内の平均月時間外労働時間が70時間以上の社員が一人も出ないようにする。
対策
2018年4月~
<新たな取り組み>
  • 朝型勤務導入への検討開始
  • 20時以降の残業を原則禁止とする検討開始
<継続実施>
  • 毎週水曜日のノー残業デーの継続実施
  • 毎月の時間外労働状況の経営会議での報告の継続実施
  • 毎月の時間外労働時間が45時間を超えたものへの注意喚起
目標4 「仕事と家庭の両立支援ガイドブック」を更新し、全社員へ周知徹底を行う。
対策
2018年7月~
「仕事と家庭の両立支援ガイドブック」の更新作業着手
2019年1月~
新ガイドブックの配布、出産が控えている社員への制度再通知
介護をかかえる社員への制度再通知