社員紹介

伊藤忠商事(株) 伊藤忠ベトナム会社 出向 K.Tさん

個の意見を尊重する風土がある。
だからこそ、のびのびと仕事ができる

入社の経緯、当時の印象を教えてください

大学時代に海外留学して得た知識と経験を活かせる仕事に就きたいと考え、就活ではグローバルに事業展開している商社に的を絞りました。なかでも、説明会や面接での当社人事担当者の対応は、際立って印象に残りました。私がどう感じたかと投げかけるような、就活生目線に立ったコミュニケーションの取り方には、他社との違いを如実に感じました。当社の業容や未来のビジョンを分かりやすく丁寧に説明していただけたことで、当社で働く自分の姿をクリアにイメージできましたし、何より、誰にでも発言する機会を与えてくれる会社なのだなと感じられたことが、入社の大きな決め手となりました。

入社後から現在に至るまでを教えてください

入社後は加工製品部に配属となりました。営業として初めて担当したのは、タイの製紙メーカーから仕入れた板紙を、日本のお客様がベトナムに構える紙ファイル製造工場に卸す仕事でした。モノを動かすのが私たちの仕事とはいえ、それを支えているのは常にお客様との人間関係です。タイ・日本・ベトナムの3国をまたぐ取引ですので、文化や商習慣の違いによるトラブルはつきものですが、相手を尊重しつつ、必要な時は自分の意見をきっちり主張する。そうしたことを繰り返すことで、文化や商習慣の違いを超えた良好な人間関係を築くよう心掛けています。
当社では社員一人ひとりに、非常に幅広いフィールドと裁量権が与えられています。自分でものを考え仕事を進めていけますので、創意工夫や試行錯誤が成果として実った時には、並々ならぬ達成感を味わえます。

これからの意気込み、目標を教えてください

2018年4月より伊藤忠商事に出向となり、伊藤忠ベトナム会社に配属となります。紙を仕入れて販売するだけでなく、付加価値をつけて販売するビジネスに携わってきたノウハウを活かし、ベトナムでそうしたビジネスを創り上げることが私のミッションでもあり、これまで培ってきた経験を発揮するまたとない機会だとも捉えています。長期的には、近隣諸国にもビジネスを展開し、当社の販売網を拡大していきたいと意気込んでいます。

就活生へメッセージをお願いします

私たちの仕事は、ただ単に紙を仕入れて販売するだけでなく、商社機能を活かし付加価値をつけて販売することです。そこには、皆さんの個性を発揮し、自らを成長させる機会が数限りなく待ち受けています。当社には個の意見を尊重する風土が根づいていますので、自分の意見を発信する機会が多くありますし、様々な場面で年齢関係なく意見を求められます。入社後2年間は指導社員が付き添ってくれますし、指導社員に限らずサポーティブな方が多いのが当社の特徴です。のびのびと仕事をする環境は整っていますので、柔軟な発想を持つ皆さんとともに切磋琢磨しあえる、そんな日を心待ちにしています。