トップページへ
会社案内

次世代育成への取り組み

次世代認定マーク

子育て支援に積極的な企業として
「次世代認定マーク」を取得

当社は、次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援に積極的に取り組んでいる企業として、東京都労働局より「次世代認定マーク」を取得しました。仕事と家庭の両立を支援し、働きやすい職場環境を提供していくことが従業員の意欲を高めていくものと考え取り組んでいます。これからも、従業員にとって働きやすい職場環境の整備に取り組み、仕事と家庭の両立支援を推進していきます。

<一般事業主行動計画>

仕事と家庭の両立支援を目的として、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、社員がその能力を十分に発揮し、意欲を持って働き続けることができるよう、次のように第四期行動計画を策定する。

●計画期間:2015年4月1日から2018年3月31日までの3年間

●内容:

目標1 全社員が仕事と家庭を両立し、男女とも対等に働き続けることができる職場環境確保のため、性別役割分担意識の是正に向け研修を実施する。
対策
■2015年4月〜
多様な事情を抱えた社員の就業継続を支援するマネジメント研修立案及び実施
■2015年10月〜
事務職フォローアップ研修立案
■2016年4月〜
事務職フォローアップ研修実施及び女性総合職向けポジティブアクション研修立案
■2016年10月〜
女性総合職向けポジティブアクション研修実施
目標2 計画期間内に育児休業・子の看護休暇の取得状況を次の水準にする。
男性…
配偶者が出産した労働者に占める男性の育児休業取得率を13%以上とする。もしくは1才以上の子を持つ男性の子の看護休暇取得者を5人以上とする。
女性…
育児休業の取得率を80%以上とする。
対策
■2015年4月〜
「仕事と家庭の両立支援ガイドブック」の更新通知および入社者への新規配布
子の出産が控えている社員への育児休業制度詳細の再通知
諸制度の利用者および利用所属部署のアンケート実施や体験談の社内報掲載
■2015年10月〜
マネジメント研修にて育児休業を含めた休暇制度を見据えたマネジメントができるよう再認識してもらう
目標3 計画期間内の平均月時間外労働時間が75時間以上の社員が一人も出ないようにする。
対策
■2015年4月〜
毎週水曜日のノー残業デーの継続実施
毎月の時間外労働状況の経営会議での報告の継続実施
毎月の時間外労働時間が45時間超を超えたものへの注意喚起
目標4 男女ともに育児をしながら働きつづけられる雇用環境の整備のため、育児のための時差出勤の適用対象を拡大する。
対策
■2016年10月〜
制度改正案の立案
■2017年4月〜
制度の施行及び利用促進案内の実施